環境にいいこと考えてみる

太陽光発電の良いところ

太陽光発電を乗せていらっしゃる方は月々の売電と買電のプラスマイナスは最大でいくら位なのでしょうか。住んでいる地域などによっても発電率が低かったり高かったりすると思います。つまり太陽光発電をつけるならそのお家がどの方角を向いているのかと、太陽がどのくらい照っているのかというのを計算しながら買うと良いと思います。実は建設費や設置費用が高くつくからと小規模設置のシステムにしたりすると大規模な発電システムと比較してもシステム単価もそれなりであり、余剰電力を買い取る現在の制度では、売電率が小さくなりますので大規模設置に比べてあまりメリットがないと言っても過言ではないのです。つまり元を早く取りたいと考えるならある程度大きめのシステムを組むようにして大きく発電できるものの方がトータルで考えた際にランニングコストなどを含めても早く元が取れてオトクだということなのです。とにかく節電率が上がるのがメリットでありますが、通常、太陽光設置すると、5%〜20%の節電効果が見込まれると言われています。設置には太陽光発電が効率よく働く太陽の角度を考える必要があります。太陽がパネルに当たる角度が、90度の時なのです。